自動車Nox・PM法って何に?

自動車Nox・PM法とは、「自動車から排出される窒素酸化物および粒子状物質の特定地域における総量の削減に関する特別措置法」の略称です。この法律のおおもとは、ディーゼル車のみを対象にしていました。しかし、2007年の法改正によって、ガソリン車LPガス車のトラック・バスにも適用範囲が拡大されました。特定地域とは、離島を除く東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県・大阪府・兵庫県です。これらの県は、多くの車両が集まる地域です。通過の目的であっても、規制の基準を満たしていないと県に入ることができません。その規制を具体的に述べます。飲み物と女性01まずは、「都道府県知事が窒素酸化物または粒子状物質の重点対策計画を策定すること」。次に、「自動車の通行需要の促進させるような建物を新設する際の届出制度を設けること」。最後に、「窒素酸化物または粒子状物質対策地域外に自動車の本拠がある場合は、その物質の排出抑制について取り組むこと」。この法律に適合していることを示すために、自動車の車体にステッカーを任意で貼ります。外から見える位置であれば、貼る位置は問われません。課題としては、この法律の適用を免れるための「車庫飛ばし」があります。