軽自動車検査協会の役割について

軽自動車検査協会には様々な役割があります。

 

 

軽自動車による手続きで、住所変更が出来ます。使用者の住所に変更があった場合に必要です。住所変更に必要な書類として、所有者の印鑑、自動車検査証、使用者の住所を証する書面、ナンバープレートを用意します。窓口で軽自動車税の申告書が入手できます。その他に軽自動車の売買や譲渡を行い使用者または所有者に変更があった場合に名義変更の手続きなど、様々な軽自動車による各種申請を行うところでもあります。主な物は継続車検、ユーザー車検の手続きや車検を受ける事が出来ます。ここでは軽自動車を対象に行われています。自動車検査証の有効期限が満了した後、引き続き、その自動車を使用する時に受けます。継続検査に必要な物として、使用者の印鑑、自賠責、自動車検査証、点検整備記録簿、軽自動車税納税証明書などを用意します。また関係団体窓口で入手可能な書類が継続検査申請書、自動車重量税納付書、軽自動車検査票などがあります。検査を受ける時に注意が必要な事がいくつかあります。最低地上高の低い車両や幅の広いタイヤ扁平率50パーセント以下を装着した車両は検査員に申し出る必要があります。検査協会では軽自動車の検査を行う事が主な業務になっています。