今後の課題について

聞きなれない言葉ですが、車庫飛ばしと呼ばれている犯罪があります。
 

これは、自動車を購入した所有者ならば、経験することなのですが、所有者の住んでいる家から2km以内の場所に車庫を確保しなければならないのです。
 

しかし、田舎ならばともかく都会では駐車場の料金は、高価なことがあります。
 

都心部に近づくにつれて高価になっていくことになるので、中には駐車場にかかる費用を支払いたくない為に、車庫飛ばしを行う人もいるのです。
 

具体的には、実際には都心部に住んでいながら田舎に住んでいるかのように偽装をしたり軽自動車に関しては車庫証明を必要としない地域での登録をしようとしたりすることをいいます。
 

車庫証明は、最寄りの警察に申請して特に問題がなければ一週間前後で交付されます。
 

しかし、たいしたことがないと考えがちな場合が多いのですが、れっきとした犯罪にあたるので、逮捕や罰金刑に処せられることも少なくないのです。
 

これらは、ほとんどきちんとした車庫の中に保管せずに路上などに不法な駐車を繰り返した結果、付近の住民などに不審がられた結果です。
 

違法駐車は狭い道路を不法に占拠し他の人の通行や車の走行の邪魔になるだけではなく、救急車などの走行を妨げることもあるために、真面目に取り組んで行くべき課題となっています。”