原動機付自転車の保安基準について

原動機付自転車には、保安基準があります。

 

その意味は、安全に走行するためや排気ガスによる環境汚染に配慮した技術基準を満たしていることです。この基準を満たしていない場合は、法律によって罰せられます。原動機付の自転車の定義は、二輪を有する車両で、排気量が125cc以下(定格出力1.00w以下)、または50cc以下とされています。また、騒音の発生や排気ガスを大量に発散させない構造にすることが規定がされています。排気ガスには、一酸化炭素や粒子状物質や窒素酸化物が含まれています。一酸化炭素と粒子状物質は、人体に悪影響を与えます。さらに、窒素化合物は地球温暖化の原因とされる温室効果ガスの一種です。なので、その放出を抑える構造を有していることが求められます。これらの基準を超えて改造することは禁止されています。車検を通らないので、車検証の交付が受けられません。また、製造会社・販売会社ともにこの基準を満たしていない車両を販売が禁止されています。法律違反となり、禁固刑や罰金が科せられます。原動機付の字電車における法律は、道路運送車両法に定められいています。道路運送車両法は、自動車と軽車両についての保安基準も、併せて規定しています。