未分類

軽自動車検査協会には様々な役割があります。

 

 

軽自動車による手続きで、住所変更が出来ます。使用者の住所に変更があった場合に必要です。住所変更に必要な書類として、所有者の印鑑、自動車検査証、使用者の住所を証する書面、ナンバープレートを用意します。窓口で軽自動車税の申告書が入手できます。その他に軽自動車の売買や譲渡を行い使用者または所有者に変更があった場合に名義変更の手続きなど、様々な軽自動車による各種申請を行うところでもあります。主な物は継続車検、ユーザー車検の手続きや車検を受ける事が出来ます。ここでは軽自動車を対象に行われています。自動車検査証の有効期限が満了した後、引き続き、その自動車を使用する時に受けます。継続検査に必要な物として、使用者の印鑑、自賠責、自動車検査証、点検整備記録簿、軽自動車税納税証明書などを用意します。また関係団体窓口で入手可能な書類が継続検査申請書、自動車重量税納付書、軽自動車検査票などがあります。検査を受ける時に注意が必要な事がいくつかあります。最低地上高の低い車両や幅の広いタイヤ扁平率50パーセント以下を装着した車両は検査員に申し出る必要があります。検査協会では軽自動車の検査を行う事が主な業務になっています。

軽車両の保安基準は、道路運送車両法に定められています。

 

まず、その定義は「人力で動かす車両」と「蓄力で動かす車両」です。前者は、自転車・人力車・リヤカーなどを指します。その長さは縦4メートル・2メートル・高さ3メートル以下です。後者は、牛や馬にけん引によって車輪を動かす車両を指します。農耕をはじめ、人や荷物を運搬する目的です。長さ12メートル・幅2.5メートル・高さ3.5メートル以下です。両者ともに、共通の規定もあります。1つ目は、車輪の接地部は道路を傷つけないものであること。2つ目は、空気入りのゴムタイヤ・接地厚さ25ミリメートル以上の固形ゴムタイヤの接地圧についてです。そのタイヤの1センチ当たりの接地圧が、20キログラムを超えてはいけません。これは、道路の摩耗を最小限にするためです。また、運転者以外の座席に関しても基準があります。安全に走行するために、一人当たり幅380ミリメートル以上・奥行350ミリメートル以上と定められています。三輪車は例外ですが、運転者の座席については基準があります。そして、これらの車両には車検や保安の基準がありません。よって、保守不良による思わぬ事故を回避するためには、自己管理が求められます。

原動機付自転車には、保安基準があります。

 

その意味は、安全に走行するためや排気ガスによる環境汚染に配慮した技術基準を満たしていることです。この基準を満たしていない場合は、法律によって罰せられます。原動機付の自転車の定義は、二輪を有する車両で、排気量が125cc以下(定格出力1.00w以下)、または50cc以下とされています。また、騒音の発生や排気ガスを大量に発散させない構造にすることが規定がされています。排気ガスには、一酸化炭素や粒子状物質や窒素酸化物が含まれています。一酸化炭素と粒子状物質は、人体に悪影響を与えます。さらに、窒素化合物は地球温暖化の原因とされる温室効果ガスの一種です。なので、その放出を抑える構造を有していることが求められます。これらの基準を超えて改造することは禁止されています。車検を通らないので、車検証の交付が受けられません。また、製造会社・販売会社ともにこの基準を満たしていない車両を販売が禁止されています。法律違反となり、禁固刑や罰金が科せられます。原動機付の字電車における法律は、道路運送車両法に定められいています。道路運送車両法は、自動車と軽車両についての保安基準も、併せて規定しています。

道路運送車両法とは、道路において安全に車両が走行するこために定められた法律です。女性01

 

この法律の中に、自動車の保安に対する基準が規定されてます。それを、保安基準と言います。それは、安全に走行するために定められた基準です。また、その排気ガスや音によって、大気汚染や騒音公害を引き起こさないためでもあります。具体的には、長さ12メートル・幅2.5メートル・高さ3.5メートル以下です。車軸は10トン、輪不可は5トン以下とされています。これらの保安基準に該当しない場合は、道路を走行することができません。改造なども、この基準の範囲で行います。タイヤは、1センチ四方の接地面に対して200㎏以下でなくてはなりません。軽すぎると、車体が安定しません。逆に、重すぎると道路の摩耗が激しくなります。また、最小回転半径は12メートルです。そして、車体の前には赤色の灯火、後部には白色の灯火を用いてはいけません。バスにおいても基準が設けられています。高速道路を通行するバスは、座席のすべてにシートベルトを装備しなくていけません。さらに、定員30名以上のバスには、非常口を備えることが義務連れられています。これは、事故防止と避難口の確保のためです。

道路運送車両法とは、公共の福祉の増進のために自動車の所有権を明確にして、安全の確保・環境の保全・整備についての技術向上をはかる目的で制定されています。

 

具体的には、車両の定義・保安基準・整備のために必要な資格が規定されています。

 

この法律における車両の定義は、自動車・原動付自転車・軽車両を指します。自動車とは自家用、事業用以外にバスやトラックも含みます。原動付自転車は、2輪を用するもの。すなわちバイクです。排気量は50CC以下は第一種原動機付自転車、その他のものを第二種原動機付自転車と呼びます。軽車両は、人または動物の力によって動かす車両です。自転車・三輪車・人力車・荷車が該当します。自動車の保安基準は、長さ12メートル・幅2.5メートル・高さ3.8メートル以下に定められています。車軸の重さにも制限があります。原動機付自転車においては、長さ2.5メートル・幅1.3メートル・高さ2メートル以下です。軽車両は、人力ならば、長さ4メートル・幅2メートル・高さ3メートル以下です。動物の力で動かすならば、長さ12メートル・幅2.5メートル・高さ3.5メートル以下です。これらの基準を満たしていなければ、道路を走行することができません。また、整備に必要な資格は自動車整備士です。

聞きなれない言葉ですが、車庫飛ばしと呼ばれている犯罪があります。
 

これは、自動車を購入した所有者ならば、経験することなのですが、所有者の住んでいる家から2km以内の場所に車庫を確保しなければならないのです。
 

しかし、田舎ならばともかく都会では駐車場の料金は、高価なことがあります。
 

都心部に近づくにつれて高価になっていくことになるので、中には駐車場にかかる費用を支払いたくない為に、車庫飛ばしを行う人もいるのです。
 

具体的には、実際には都心部に住んでいながら田舎に住んでいるかのように偽装をしたり軽自動車に関しては車庫証明を必要としない地域での登録をしようとしたりすることをいいます。
 

車庫証明は、最寄りの警察に申請して特に問題がなければ一週間前後で交付されます。
 

しかし、たいしたことがないと考えがちな場合が多いのですが、れっきとした犯罪にあたるので、逮捕や罰金刑に処せられることも少なくないのです。
 

これらは、ほとんどきちんとした車庫の中に保管せずに路上などに不法な駐車を繰り返した結果、付近の住民などに不審がられた結果です。
 

違法駐車は狭い道路を不法に占拠し他の人の通行や車の走行の邪魔になるだけではなく、救急車などの走行を妨げることもあるために、真面目に取り組んで行くべき課題となっています。”

自動車Nox・PM法はディーゼル車から排出される窒素酸化物(NOx)と排出ガス等から発生する粒子状物質(PM)を抑制することを目的として1992年に制定された大気汚染防止法の特別処置法で、2007年には環境汚染対策の更なる強化を図る為に改正が行われています。

 

 

この2007年度の法改正では、それまで本法の施行によりNOxやPMの排出総量は全体的には改善されて来ましたが、一部の大都市地域では未だ改善が見られないことから、これらの特定地区に於いて局地的な汚染対策とその地区に流入する車両の対策が講じられています。その具体的な内容としては、1つ目に各都道府県知事がNOx及びPM重点対策計画を策定するとし、2つ目には自動車交通需要を生じさせる建物新設の際には届出制度を設けて、更に3つ目としてこれら特定地区以外に本拠地を有し自動車を使用する事業者に対しても規制措置が拡大されています。また、この2007年の改正は翌年2008年度より施行されていますが、これに伴い自動車NOx・PM法適合車ステッカー制度も同時に開始されており、本法に適合する車両にはステッカーを任意に貼ることで更なる適合車の普及と促進が図られています。

自動車NOx・PM法は、自動車から排出される窒素酸化物や粒子状の物質の排出を抑制するために設定されている法律のことです。

 

特に1980年代から90年代に、東京や大阪などの大都市圏で、ディーゼル車から排出される窒素酸化物による大気汚染が問題となり、それを背景として大都市圏における環境悪化を抑制する目的で地域の条例などの形式で制定されていました。それを元に国レベルでも法整備が進み、大気汚染防止法の特別措置法として定められました。この法律により、大都市圏では、走行できる車に制限がかけられています。この法律では、対象地域が設定されており、現在では東京や埼玉、神奈川などの首都圏および大阪、兵庫の関西圏、愛知県などの中京圏の3大都市圏を対象として実施されています。自動車NOx・PM法の排出規制に適合した自動車を見分けるため、適合車にはステッカーを配布し、貼ることができます。また条例により、排出基準に満たないディーゼル車については、一定の猶予期間を設け、猶予期間内に改善されない場合には、規制地域における走行を禁止しています。また、この制度により、窒素酸化物および粒子状物質の排出基準を満たしていない車な、その対象地域内での登録ができなくなっています。

自動車Nox・PM法とは、「自動車から排出される窒素酸化物および粒子状物質の特定地域における総量の削減に関する特別措置法」の略称です。この法律のおおもとは、ディーゼル車のみを対象にしていました。しかし、2007年の法改正によって、ガソリン車LPガス車のトラック・バスにも適用範囲が拡大されました。特定地域とは、離島を除く東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県・大阪府・兵庫県です。これらの県は、多くの車両が集まる地域です。通過の目的であっても、規制の基準を満たしていないと県に入ることができません。その規制を具体的に述べます。飲み物と女性01まずは、「都道府県知事が窒素酸化物または粒子状物質の重点対策計画を策定すること」。次に、「自動車の通行需要の促進させるような建物を新設する際の届出制度を設けること」。最後に、「窒素酸化物または粒子状物質対策地域外に自動車の本拠がある場合は、その物質の排出抑制について取り組むこと」。この法律に適合していることを示すために、自動車の車体にステッカーを任意で貼ります。外から見える位置であれば、貼る位置は問われません。課題としては、この法律の適用を免れるための「車庫飛ばし」があります。