自動車に関する法律についてのまとめ

自動車に関する法律としては、道路交通法だけではありません。

 

道路運送車両法などの主にトラック関係の車に適応される事になる法律が存在します。これは車に過積載をさせない為に設けられています。過積載をしてはいけない理由としては、車のスピードや制動距離に関係してきます。積載物が多ければ多いほどにスピードが出にくくなります。そして、車全体のバランスが悪くなるので、横転の可能性が出てきます。その車がトラックであればかなりの重量となっているので大きな事故に繋がる事になります。一番知られているのが道路交通法です。これは車を安全に運転する為に設けられており、信号や標識や規制線により交通の統制を取ることによって、事故が起きずにスムーズに交通することが出来る様に定められています。また、直接関係するものとしては名義登録などの義務が存在します。これは新規登録や変更登録があり、新規登録では新たに車を購入する時に付けられていないナンバーを付ける手続きをします。変更登録は使用者の名義はそのままで、住所や戸籍が変わった際に行わなければならない手続きです。これを怠っていると、もし事故にあったときなどに不利になる場合もあります。